引越しですよ! 
我が家は超転勤族。
あっというまに次の土地へ。


嫌なことのほうが多いし・・・
体力精神共に消耗してしまう引越し。


でも、がんばって乗り切りましょう。
新しい生活では新しい出会いが待ち構えていますよ。


 2008年度 引越をアップしました


まずは引越し業者を決めましょう。
見積の比較が一度にできるサイトがあったので利用してみました。
引越し比較.COM 72社と提携。
引越し価格ガイド 46社と提携。
tepore「引越見積サービス」 引越しコラムなどもあり役に立ちます。
引越し達人セレクト 引越しプチ風水など引っ越しに関する情報が満載です。
ダック引越センター

チェックポイントを確認!

見積書にしっかりと明細が記してあるか

業者が保険に入っているかどうか

朝からの引っ越しの場合、時間をはっきり告げてくれるか
←突然とんでもない時間に始まったりするらしい。

後からの追加料金が発生しないかどうか

  (Yahoo!引越しの基礎より)

そして業者さんが来る前にしておくことはこれです。

部屋を片付けておきましょう。


家具の数を数え、押入れを開け、納戸を開けて大体の荷物をイメージして見積もりされます。これが全部出しっぱなしだったり、押入れがパンクしそうだったりしたら・・・
自分が営業マンになったと思えばわかると思います。
きちんと入っていたらダンボールの数も減らしてくれるんじゃないかと。


気が早いですが、引越前にばたばたしないようにいまから荷物を減らして
営業さんがくるときには自信満々で押入れをあけようではありませんかっ!
↑自分にいいきかせているとしか思えない
引越の準備
古いおうちに勝つ!
転勤妻の戦いの記録
HOME
インテリアショップ
お気に入りのインテリアショップ♪
キッチン家具の専門店
上質な家具がずらり。
転勤族の我が家には夢の世界です・・・
おなじみのショップです
引越のご挨拶に・・・
Jギフト-
引き出物&内祝いの店
20%OFFで買えます。洗剤を多めに準備してあまったら自分で使っています。

■■2005年 はじめての引越■■
内容:3LDK(2階)。荷造りは自分で。
出発は3月31日または4月1日(午前)


1社目
M引越しセンター
営業:○ 感じがよい。しかし、即決力に欠ける?
はじめてだったこともあり丁寧に説明してくれた。
サービス:○ ダンボールはサービス。
見積り:△ 四社中真ん中くらい。
2社目
S引越しセンター
営業:クロ○ 結構長居。即決力はある。でもきっちり商人系。ちょっと苦手かも・・・。
サービス:◎ たんすの中のものをださなくてもそのまま運ぶとのこと。壊れないのかな?
(自社便で運ぶことをアピール)
見積り:○ 「今決めてくれたら!」とすばらしい見積登場。
すごいひき方するのでこっちの腰がひけます。
でも、今決めるのは無理です(汗)
3社目
A引越しセンター
営業:◎ さっぱりしているけど的確。私が慣れてきたからかな?
サービス:△ ダンボールはつけてくれない。
(しかし、回収サービスあり)
見積り:○ 値引前金額は他2社と同じ。目の前で値引きはせず後で交渉。
4社目
黒猫にゃーのY社
営業:◎ というか、作業着で登場。実際に運んでいる人のようだ。
営業っぽくなくて話しやすい。
サービス:○ ダンボールはサービス。他の会社のようにアピールなし。
見積り:◎ 割り増し料金はありませんと一言いってでてきた見積りは他2社の値引後の値段くらい。
このほうがあっさりしてていいわ・・・31日出しということでまたひいてもらえた。さっさと片付けてホテルに泊まることにしよっと。
→結論
Y社。家族が多かったり、家財道具が多い人は専門の引越し業者のほうが安心かもしれませんが、私たちはまだ荷物も少ないし、子供もいないのであっさり系がいいみたい。
■■2007年 二回目の引越■■
4月には現地にいないといけないのに、3月に入らなければ引越先も、日にちもわからない我が家の引越。こういう状況の方は多いのではないかと思います。


だからといって、見積もりを待つのは危険です。
日にちや住所がわからないとダメと断られる業者さんもいますが、中には決まったらすぐに教えてくださいといってくださるところもあります。
二ヶ月前には見積もりをとっておきましょう。


なぜならば・・・


3月末から4月初旬にかけて、年間引越の40%に値するそうです。遅い時期に予約をすると営業さんが強気な気がしますぅ<(T◇T)>!値引きしてくれないよぅ。会社が全額だしてくださるところはいいですが。とにかく安くあげないとウルトラ級(?)赤字になる方もいらっしゃいますよね。


トラックも一杯になってくる。人も足りなくなってくる。


うちじゃなくてもいいですよ( ̄ー ̄)ニヤリ


みたいなね。


「お客さん。困りますよぉ〜。」と言われながら見積もりをとった私たち。
つらかった・・・また二年後にあると考えるとげんなりします。
そのうち、上手に交渉できるようになるのかなぁ。


今回も 黒猫にゃーのY社になりました。よろしくお願いします。
 ■■2008年 3回目の引越■■
見積もりは4社。
今回の引越は比較的近い場所だったのですが、あまり値段は変わらないのですね^^;
およよ・・・


社宅のポストに入っていたハ○のマークにしました。
大好きな黒猫ニャー社は、すごい金額。びっくりです。
首都圏は法人での契約が多いとかで最初の見積もりは断られました。(1月末)


地域によっていろいろあるのでしょうね。
地元系の引越しやさんにもお願いしました。ハ○のマークと大差なかったのですが時間と人員の手配でお断りしました。


5階の我が家には3人では到底終わらないのです。
(引っ越してくるときには最終的に6人になってました。ハ○のマークさんは最初から5人と設定)


ハ○のマークさん。
えらくあっさりでした。ダンボールとガムテープのみの配給(笑)
プチプチはホームセンターで買いました。
他は、ハンドタオルで包んだり、チラシを丸めたり。
これって意外といいかも。エコですし^^


もっと大切に包んでおくれ〜と思いましたが、ちゃんと運んでくれてありがたかったです。
なんてったって、エレベーターなしの5階。
こういう住宅に慣れたベテラン揃い。
「チームY田」と名づけました。


階段の上り下りだけでもヒーヒーの5階。
あまりに申し訳ないので、「大丈夫ですか?」「ありがとうございます」と連発。
だって、買い物にいくだけでもヒーヒーいうくらいなんですよ。
同情のし合いで(笑)、たった3時間だけどすごく関係がよくなりました。


入らなかった家具を窓まではずして入れようとしてくださったり、とにかく気を遣っていただいて、あったかい引越。悪条件だったにもかかわらず最後まで笑顔。


ダンボールだらけの部屋に一人残された私に
「これからが大変だね。一人残していくのがかわいそうだよ。がんばってね。」
と、いってくれました。
弱っていたので、マジで泣けました。


ケーブルテレビ、エアコンの取り付け、引越し関連の業者さんたちはとっても忙しそう。


「僕らの業界には、花見はないんだよ」


隊長(笑)のことばが忘れられなくて、少しでもほっとしてもらいたいなぁと美味しいコーヒーを入れました。(紙コップだけど^^;)一瞬ぱーっと明るい笑顔になって喜んでくれました。お部屋もコーヒーの香りがいっぱいになって、片付けしながら私も心地よい空間に。
ちょっとサービスもしてくれたりして(あ、これ秘密)。


安いから。
サービスがいいから。
それだけ決めたら後は時間にまかせていた引越。


「ありがとうございます」
汗だくになって運ぶ業者さんに感謝すること。
今回はこれを学んだような気がします。



引越の準備
古いおうちに勝つ!転勤妻の戦いの記録
戻る