主婦の便利帳 AS FU LIKE *圧力鍋を使った料理や、美白コスメ(アンプルール)等。専業主婦のFUがいろんな体験をご報告いたします。

知っているようで知らない五節句
HOME
このサイトについて
リンクについて
五節句とは・・・

わかっているようでわかってない?五節句をまとめてみました。


五節句は「五節供」とも書きます。
江戸幕府がこれらの五節句を式日と定めたのは、従来の宮廷の伝統的節会を踏襲する意味がありました。
しかしそれ以上に、武士社会と密接な関係がある農村地帯の民俗的な節日を受容し、 これに中国式の解釈を施して形成されたと考えられています。


3月3日、5月5日のように奇数の重なる日が選ばれていますが、中国の考え方の影響です。 ただし1月だけは1日(元旦)を別格とし、7日の人日(じんじつ)を五節句の中に取り入れています。 


制度は明治6年に廃止されましたが、民間行事として定着しています。


 人日(じんじつ)  正月7日 
お正月の七草・・・(七草粥)
旧暦正月七日をいう。
中国では、正月1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日、そして7日を人の日として、それぞれの日には、その動物を殺さないようにした。


人の日には、犯罪者に対する刑罰を行わないことになっていた。また、天候でその年の運勢を占い、もし晴れなら幸があり、曇りなら災いがあるとされていた。人日は江戸時代には将軍以下が七草粥を食べて祝う幕府の公式行事の日であった。武家においては重視された祝日。

  上巳(じょうし)   3月3日 
3月の上巳の桃・よもぎ・・・(桃花酒→江戸時代以降は白酒)

旧暦3月の「上旬の巳の日」のことであり、元巳ともいう。中国では、この日に川で身を清め不浄を祓う習慣。これが平安時代に宮中で取り入れられ曲水の宴を張り、祓えを行うようになったが、その後すたれた。


しかし、貴族の間では、上巳は巳の日の祓えとして定着し、「上巳の戒」といい、形代(かたしろ、祓えのときの紙人形)をつくり、穢れを移して川や海に流し不浄を祓った。流し雛の風習として各地に残っている。  


上巳の祓えは、江戸時代から、雛祭りとして民間に広まり、後に上巳は3月3日の雛節句をさす言葉としても使われ、上巳の節句ともいわれた。

 端午(たんご)   5月5日  
5月の端午の菖蒲・・・(ちまき→江戸時代以降は柏餅)

旧暦5月5日の男子の節句
端は初め、午は五と同じで、「初五」の意味で、もともと月の初めの午の日のことをいい毎月の上旬の五日の意味があったが中国では数が重なる日をめでたいとして5月5日をさすようになり、薬草を摘んだり、よもぎでつくった人形を家の戸口にかけたり、菖蒲洒を飲んだりして邪気を蔽う行事が行われていた。  


日本へは平安時代に伝わり、民間へも普及し、菖蒲や蓬を軒につるしたり、かしわもちまきや柏餅を食べて祝うようになった。江戸時代以降は、鯉のぼりを立て、甲胃・刀・武者人形などを飾って、男子の子供の成長を祝うようになった。


地方によっては、邪鬼や悪魔を祓うとされる薬草の菖蒲湯に入る習慣もある。ちまきを食べるのも、中国から伝わった。  


昔は端午の節句は、女性の節句であったが、武家社会に入って、菖蒲と尚武が同音であることなどから、雛節句に対し男子の節句となり、鯉のぼりや武者人形が飾られるようになった。朝廷では儀式として行われていたが、武家や民間でもこの日を祝うようになり、また鎌倉幕府や室町幕府でもこの日を公の祝日とした。


江戸時代になると、五節句の一つとなり、明治になり鯉のぼりや武者人形などがさらに盛んに。江戸では、菖蒲を束ねたもので地面を打ち、屋根の上へ投げ捨てるしきたりがあったが、今では行われない。

 七夕(しちせき)  7月7日 
7月の七夕の竹・瓜・・・(さくげ→江戸時代以降はそうめん)

七夕とは、旧暦七月七日の夜のことである。
七夕祭、星祭ともいう。現在、東京地方では七月七日に行うが、地方によっては一月遅れの八月七日に行う所もある。  


中国の牽牛星と織女星の星祭の伝説(牽牛星と織女星が年に一度七月七日に、天の川をはさんで出会う星祭りの行事)と乞巧集の行事(女子が手芸に巧みになることを祈る中国古来のもので、七月七日の夜、供え物をして、織女星を祭り、裁縫や習字などの上達を願う行事)からきているといわれている。  


奈良時代には、女子の裁縫の上達を祈る星祭の行事として行うようになり、江戸時代になると寺子屋が普及し、竹に願い事などを書いた短冊を付け、手習い事の上達を願う習俗が始まった。  

もともと七夕は、お盆の前に汚れを祓い清める行事であり、七夕に、水浴び、洗髪、子供や牛・馬の水浴び、墓掃除、井戸の掃除など水に関する行事が多かった。


水浴びを「ねむり流し」とか「ねぶた流し」ともいい、青森の「ねぶた祭り」も、本来は穢れを水に流す禊ぎの行事で七夕祭のひとつである。


水に汚れを流すなどの行事は、日本独特の風習であり、七夕には雨が降ったほうがよいという地方もある。秋田の「竿灯」も七夕祭の一つである。  

その後七夕は、お盆の前の行事から星祭りの色合いが濃くなり盆の先祖祭とそれぞれ別に行われるようになったとされている。

 重陽(ちょうよう)  9月9日 
9月の重陽の菊・・・(菊酒)

重陽は、易でいう陽数の極である九が重なることで、重九(ちょうく)ともいわれる。中国では奇数を陽の数としていたので、陽の九が二つ重なる九月九日は、大変にめでたい日とされた。


邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾り、酒盛りをして祝ったといわれている。 日本へは平安時代に伝わり、宮中で「観菊の宴(重陽の宴)」が催された。杯に菊花を浮かべた酒を酌みかわし、長寿を祝い、詩歌をつくった。


江戸時代には、五節句の中で、最も公的な性質を備えた行事になり、武家では菊の花を酒にひたして飲み祝ったとされる。民間では粟御飯を食べた。

季節を感じて、行事を大切にしていく気持ちは忘れないようにしたいと思います。
これぞ主婦の仕事!(笑)



トップページへ戻る
引用:Matsuri Guidanceこうげつ人形
Copyright& (C)2004 asfulike,All Right Reserved.